メニュー

小児耳鼻咽喉科

小児

☑小児は発育途中であり、大人と比べて身体の構造が違うため、症状や治療方法がかわります

特に小児の場合は、鼻の中の構造が狭く、鼻風邪、小児副鼻腔炎や中耳炎を大人よりも引き起こしやすいと言われています。

*小児は耳管の長さが大人よりも短いため、中耳炎になりやすいと言われています

☑小児は、症状を自分で言えないため、局所での診察が必要となります

*当院では、カメラを用いて局所(みみなど)の診察をさせていただきます

*治療介入の前後で写真を比較し、治療の効果を評価します

機嫌が悪く、ミルクを飲んでくれない、夜ぐっすり寝ない、など様々なサインをみていくことが大切です。

 

☑小児では鼻かみをうまくできずに、使える薬剤にも制限があります。そのため、鼻吸引やネブライザーなどの局所における治療が重要となります

鼻吸引のタイミング、ちょっとした工夫などアドバイスもさせていただきます。

 

熱が下がらない、機嫌が悪い、泣き止まない、耳をよく触るなどのサインは子供のSOSですので、そういったサインを見逃さないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

主な疾患

急性中耳炎、滲出性中耳炎、小児副鼻腔炎、いびき、睡眠時無呼吸症候群、アデノイド肥大、先天性難聴、機能性難聴、インフルエンザ

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME